和んだふるたい夢 スピンオフストーリー VOL.1
「アクマノツバサ」です。
 本編のPRを行うために考えたのが
コミケへの出店!

第一回目はお隣、岡山へ出向きました。
それに合わせて作成したのが、
和夢のスピンオフストーリーの第1作目です。

主人公は妖(あやかし)の見える
左目を持つ
魅佐碁(みさご)。

和夢本編でも大活躍の碁魔ちゃんの息子です。

そしてヒロインは花凛(かりん)。

舞台は”和んだふるたい夢”本編よりも
かなり進んだお話。

舞台はなんといきなり小豆島(おず)です。

もちろん、あのお方、「黄泉の・・・」も登場されております。

この作品はとにかく表紙にお金をかけました。
写真サイトPIXTAにてカラスの写真を購入し、それを背景に使用。
また光をキラキラと反射するホログラムPP加工を施しました。
そして一見モノクロに見えるけれど実際はカラーで印刷しています。
同じモノクロ写真も1色で印刷するのとカラー4色で印刷するのでは写真の
風合いが全然違います。(パッと見ではわからないかもしれないですが)

こだわったのは表紙だけではありません。
A5サイズの横長本として、中には見せゴマとして横長パノラマの見開き
ページも設けました。
そして製本はあえて用紙の目を逆目で印刷。
(どんな風になるのか実験してみたかった)


金額がかかったけれどなかなか面白い試みでした
 (正月休みはすべてこれにつぎ込みました)
 そしてこのお話は本編の38話と連動しています。
この話を読んで38話を読むとまた一味違う味わいになるのでは
ないかと思っています。