スマホマンガ 和んだふるたい夢      >>> TOPへ
韓志和と空飛ぶ木彫りの鶴

飛騨の匠、韓志和は自ら彫った木の鶴にまたがり唐(中国)へ渡ったそう。
彼の技は多くの人を驚かせた。
彼の作った鳥は空を飛び、猫はネズミを捕まえた。
彼の評判を聞いた皇帝の前でもその技を披露したとか。

飛騨高山市の陣屋跡、その前に韓志和の銅像があります。木彫りの鶴にまたがった姿。
(写真が微妙ですいません)


もともと中国にそのような伝説があり、それはきっと飛騨の匠であろうと考えられてようです。

きっと想像上の人物だろうけれど、
すぐれた木工品が日本から中国に渡っていたのかもしれないですね。
それにしても名前が日本っぽくない。
まあ、韓志和って名前には「韓」と「和」の二つの国名が入っているみたい。当時の中国の人が日本っぽい名前を小説の中でつけたのかな。


下は40話の一コマです。

 戻る  TOPへ