スマホマンガ 和んだふるたい夢      >>> TOPへ
とある老夫婦は子犬にぽちと名付け、を拾い上げて大切に育てていた。
成長したポチはある日、裏の畑で
「ここ掘れワンワン」となき出した。
ポチが示した場所をおじいさんは掘ってみると、
なんとその下から大判小判がザックザックと出てきた。

するとそれを聞いた近所のいじわるな老夫婦が無理やりポチを連れ去り、「金の場所を教えろ、なけ!」と脅しました。
そうしてポチがないた場所を掘ってみると、
そこからは出てきたのは割れた器などの使えないものばかり。
怒ったいじわるな老夫婦はポチを殺してしまいました。

それをしって悲しんだポチを育てた老夫婦はポチの墓を作り、
その墓を雨や風から守るために傍に木を植えました。

するとその木はみるみると成長します。
そんな時に老夫婦の夢にポチが現れ、
その木を切って臼をつくるようにいいました。
その通り臼をつくり餅をつくとなんと財宝が臼からあふれてきます。

それをあのいじわる老夫婦が聞きつけるとさっそくその臼を借りて餅をつきはじめますが、出てくるのは汚物ばかり。
怒った老夫婦は臼を燃やしてしまいます。

それをきいたやさしい老夫婦。
その灰をもらい受け大切に供養しました。
するとまた夢に中にポチが出てきて
「臼を燃やしてできた灰を桜の枯れ木にまいて下さい」
といいます。
灰をまいてみるとみるみる枯れ木に満開の桜が花を咲かせました。
やさしい老夫婦はポチを思い浮かべながら
「枯れ木に花を咲かせましょう」
っと灰を巻きます。
そこへ偶然通りかかった殿様、いたく感動され、やさしい老夫婦にほうびを与えました。

それをみてくやしがるいじわる老夫婦、灰をうばうと同じようにまきはじめます。
しかし花が咲くどころか灰が殿様の目に入ってしまい、
罰せられてしまいました。

 戻る TOPへ