スマホマンガ 和んだふるたい夢 ≫ 旅 ≫ TOPへ
金鶏山・金華山の旅(岩手・宮城)
(2018年9月15・16・17日)

平泉 中尊寺金色堂

和夢取材の旅、本編の前になんとか東北の地へ足を運ぶことができました。第2部の最重要地点の一つが平泉です。
もちろんここは芭蕉が奥の細道の旅で訪れた場所です。
今回の旅では奥の細道の場面を実際に歩いて確かめました。

仙台よりレンタカーで到着したのが中尊寺です。
駐車場を降りるt下の写真、入り口はすぐです。
しかしここから結構歩きます。


途中、奥の細道展なる立札が目に入りました。
もちろん迷わずGO!です。
中には芭蕉の直筆の展示も。



そうしてお約束の中尊寺金色堂。(写真はピンボケしています)
本当に均整がとれた美しい仏像でした。



そして有名な芭蕉の句「五月雨(さみだれ)や降り残してや光堂」。
芭蕉はここで何を感じたのでしょうか。



また今回も芭蕉の銅像です。
(最近旅に出るたびに撮影しているような気が・・・)


中尊寺というと金色堂が有名ですが、本堂は下の写真、大きなお堂です。


立派な能舞台もあります。
奥州藤原氏は金により財政的に潤っていただけでなく、文化的にも一流な東北の都都だったのではないでしょうか



そして年末のゆく年くる年に毎年登場する梵鐘です。


中尊寺のある小高い山からは周囲が一望できます。
山城って感じです。


この後、駐車場のお食事処で盛岡冷麺とずんだもちのセットをいただきました。うまかった。

さて、和夢取材の旅、東北編ですが、この平泉は2日目の午前中です。
前日の夕方に仙台入りし、晩は仔虎ってお店で、牛刺しとテール肉を食べ、虎姫っていうなのオリジナル日本酒を飲みました。
和夢スピンオフストーリー2の舞台虎姫伝説を思い出しました。
そんな偶然の出会いからも良い旅になるなって感じました。
その後はガールズバーで会話を楽しみ早めにホテルで休憩しました。

 戻る TOPへ