オリジナル長編マンガ 和んだふるたい夢             TOPへ
(無料 スマホマンガ)
はしり書き
ブログ代わりの気まぐれ一言日記 
 
・「CCC」へバナーリンクを設置しました。
(コロナ禍の中、和夢以外に連載してみている作品です。)
・「和夢ができるまで」「和夢のつくりかた」「ただし書き」を
アップしました。

(2月21日)


7月にレンタカーを借りた際に3か所の道の駅に立ち寄りました。
その時に買っていたきな粉。
気付くと賞味期限は11月。
まあきな粉は簡単にはくさらないだろうって最近になって食べています。
餅にてきなこ餅にしたり・・


(2月20日)


東急ハンズで保命酒を買った。
毎晩お猪口でちびちびやってます。
鞆の浦の名物、最近は県内すら旅してないな。

(2月19日)


第2部の演者をまとめてアップしました。
そして166話のリンクがなんかおかしかったみたいなので修正しました。もし見れなかった方がいましたたいへん失礼しました。
物語の舞台にも写真をプラスしてみました。

(2月14日)


スピンオフストーリー9アップしました。
あぶないあぶない、もう少しで1か月以上更新に時間かけるところだった。

(2月14日)


TUTAYAへ本とCDを売りに行った。
1500円くらいになった。
査定の間に買った保命酒くらい・・だな

(2月11日)


久しぶりに出演者を更新しました。
アップしないといけない登場人物が増えていくのに・・
スピンオフ9では4人は増えるなあ・・

(2月4日)


2部4章のあとがきと第2部のあとがきをアップしました。
和夢の連載ってのは長い旅をしているようです。
それは人生を豊かにしてくれる旅です。。

(1月31日)



一昨日背中に走った痛み。
ぎっくり背中。
仰向けに寝れない、寝返りを打つたびに目が覚める。
昨日の午後からようやく営業車の背もたれに背をつけれるようになった。
なかなかヘビーです!
1ページ仕上げるのに2日かかった。
スピンオフ9話は36か37ページのいつもの倍近い長さになりそうなのに。

(1月29日)


第2章では様々な犬をテーマにキャラクターを描いてきた。
第2章が完結、スピンオフで野良犬の路狗を描くことで犬編を締めくくろうとしていた矢先、
今まさにTV番組に流れているNHKのプロフェッショナルは「災害救助犬の訓練士」の方をテーマにしていた。東日本大震災でも活躍したってまさに今言っている。
東北を舞台に描いてきたのに・・・災害救助犬・・・そういえば警察犬もいるな。描き切れていなかったのだろうか。
そうだ!人狼開放隊の4人の子狼を出演者に登場させたけれど、名前がないことに今日気づいてどうしようって考えていた。
4人のネーミングに生かせないかな。
考えてみよう。
そうだ!いいタイミングで驚く!
はしり書きを描きながら生まれるものもあるんだナ。

(1月26日0時20分)


朝方目が覚めた。
彪女(あやめ)、桃太郎、夜叉丸のデザインを描き、ネームなしでそのまま下書き。この時間帯は作業が進む。(リズムは崩れるけれど)

(1月24日)


音楽は常に人生の傍に
ただ気になるのは最近の音楽はクオリティーの高さに反して聞いていて息苦しさを感じること。
音楽は時代をうつす鏡だと思う。
若いアーティストの鋭い感性は何を捉えているのだろう。

(1月22日)


年末に録りだめた映画がなかなか見終わらない。
録画残量を増やしたい、とはいえそれを義務っぽく感じるのはやだな。

(1月17日


お昼のローカル番組で題字を書いていただいた書家の翠蘭さんが出演されていた。そうだ、正月だから書初めってこと。
っということは今日の今頃同じ番組を見て題字をお願いすることを思い立ったわけだ。あれからもう1年かあ。

170話もアップしました!
(1月9日)


去年の今頃は年末に旅したスペインの旅行記をまとめている最中だったのに。その後はどこへもいけなかったな。

(1月8日)


年末の深夜映画はすべてを録画しているわけではなくて
なんとなく勘で選んでいる。
しかし今回は地元広島色の映画が多かった気がする。
「モヒカン故郷へ帰る」は広島が舞台、広島出身の矢沢永吉さんも(本人の登場はないが)バリバリの存在感を出していた。
「おっぱいバレー」の主役の綾瀬はるかは広島出身。
「恋の雫」(この間もつぶやいたけど)は広島の西条が舞台。
なんとなくうれしくなる。

(1月3日)


一月二日の朝の夢、初夢。
まさかの大きな大きな鷹の夢。
「雉だ!」の声で窓の外を見ると
そこには神々しく凛とした少しグレーがかった白色の大きな鷹。
意志を宿したような瞳。
存在感ばりばり。

後からデッサンしてみた。
部屋の中にちょっと飾っている。
第3章は翼編。良い出会いが待っていそうだ!

(1月2日)


あけましておめでとうございます
皆様にとってワンダフルな1年になりますように

(1月1日)


 戻る