オリジナル長編マンガ 和んだふるたい夢             TOPへ
(無料 スマホマンガ)
はしり書き
ブログ代わりの気まぐれ一言日記 
 
和夢175話をアップしました。
本当はBBBも取り掛かりたかったけれど物語が走り出さない。
(カフェに行けないからしょうがいか・・・)
このGW中に鬼滅の刃を最後まで読んでみました。
鬼はかつて疫病の原因ともされていました。
最後の闘いを読んでてコロナとの闘いみたいだな・・って気がしました。
時代に求められている物語にはそういう側面もあるのだろうか・・・

(5月5日)


いつもは先にキャラクター設定をしてから下書きをするところだけれど、第3部始まって新キャラクターの登場が多くて174話、175話と新登場のキャラクターはもうぶっつけで描いている。
ゴールデンウィークはCCCの新しい話にも取り掛かりたいなあ。
次はBBBってことは決めているけれどなかなか物語が流れていかないなあ。(カフェに行けないと難しいのだろうか)。

(5月2日)


第3部の演者を更新しました!一気に9人アップしました。
そして第3部1章の入り口にリンクが貼られていなかったことに気づきました。見ようとしてみることができなかった方、大変失礼いたしました。
慌てて設置しました。

(4月30日)


コロナ・・・雨・・・おかげで更新作業に集中できた。
首のコリがひどくてロキソニンはったままでね。
174話更新しました!

(4月29日)


緊急事態宣言が都市圏で出されました。
久々に一日家にいた。
和夢の制作が進むと同時に、ハードディスクに録りためてるTV録画がだいぶんへった。年度末年度初めは仕事が忙しかったからね。
(たのしいクリエイティブな仕事が大きかったけど)

(4月24日)


やっと更新しました。173話。
芭蕉と曽良さんが一日で超えたなたぎり峠を何日かけていることか・・

(4月17日)


昨夜は粘土をいじっていました。
とはいえ和夢のためではなく仕事のためです。
和夢用に粘土細工を作ってみようかなっと思ったことは
何度かありましたが・・思うだけ。
粘土は大変だった。
(spinoff1 アクマノツバサPR用に作成した粘土キャラクターは一応和夢用といえば和夢用だけど、できればメインキャラクターがいいよなあ・・
あれはもう捨てちまったんだった。)

(4月11日)


「僕のヒーローアカデミア」の続きを10巻くらいまとめて読んだ。
面白い!やっぱプロは違うな、スゲー!

よし頑張ろう。

(4月4日)


172話のあとがきアップしました。(エイプリルほにゃららじゃないですよ)・

(4月1日)


まんが大賞のホームページに載っていた「怪獣8号」の1巻を読んでみた!すっげーおもしろい。
すごい人はいるなあ・・・

(3月31日)


桜連なる川沿いの道を営業車で駆け抜ける。気持ちよかった。
そうしてようやく第3部のスタートを切る172話をアップしました。
こっちも気持ちいい!

(3月30日)


肩こり、首こりで作業が進まない・・・
でもなんとか3月中には172話をアップするつもりです。

(3月28日)


年度末の嵐の真っ只中。
作業が進まない。
本来なら先週に172話をアップしているはずだったのに。
この土日は仕事のサムネールを描きます。

(3月20日)


先日、関JAMにGreeeenが出ていた。(二人)
曲を先につくり、その曲が訴えてくる言葉から詞をあてていく。
ノートに思い浮かぶまま言葉を書き出して違うなって思ったら消したり、
書き出した現状からそこへ光を当てるキーワードを引っ張り出す・・
なんか提案書をつくっているようだ。

お客様の良さは何かに耳を澄まし、目を凝らし、
そこからコンセプトワードを導いて解決の方法を導いていく・・・

そういえば歌番組で西野カナもキーワードを掘り下げて作詞をするみたいなことをしゃべっていた気がする。(結構前だけど)

「嘘でしか動けないコイツ」「MMM」「NNN」などはマインドマップの手法も駆使してストーリーを照らしていったな。。

(3月17日)


先週営業車を走らせていて川辺の大きな白木蓮に目が止まった。
大きく膨らみ今にも開きそうな白い蕾。
大きく枝を広げたくさんの白い蕾を天に突き上げていた。
空に寝転んでみたらシャンデリアのように見えるかな。なーんて。

ちょうど6年前の今頃、白木蓮を描いた2話をシャーペンでマンガ用原稿用紙に描いていた。
懐かしいな。そして考え深い。結局幸せだ。

(3月14日)


周りの人に聞くとぐっすり眠って夢を見ない、とか
見ても覚えていないという人が多い。
毎日何度の夢を見る。目が覚めた時には必ずその直前に見た夢を思い出すし、何気ない時、洗い物をしている時なんてよく以前にみた夢を思い出したりする。

(3月13日)


第3部の予告編をアップしました。
予告編を描くのは初。
なんとなくこういう展開もありかなっと。
最近TVでも番組の予告を見てもらってから本編を・・・っとのが多い気がするし。

(3月6日)


さすがに年度末。
ここのところ仕事が輻輳している。
第3部は本編に入る前に予告編を描いてみている。
なんとなくを大切に。

(3月4日)


伝承の中に鈴鹿山をアップしました。
第2部の更新はようやく固まったかな。
本編もだけどサブコンテンツも意外と時間がかかってしまった。

(2月27日)


第2部の伝承を更新するために第2部を読み直してみた。
考え深い、いろいろ忘れている。
作者がいうのは変だけど思ったより面白いと感じた。
そして突っ込みどころも満載!中にはリンクや第〇話の〇が違う・・なんてのも一つじゃない。校正ちゃんとしてないしなあ・・でもそれ以上に前に進む推進力を重視したいしなあ・・・。
第3部を前に大事な作業な気がするな。
何年か分の足跡の振り返り。

(2月23日)


・「CCC」へバナーリンクを設置しました。
(コロナ禍の中、和夢以外に連載してみている作品です。)
・「和夢ができるまで」「和夢のつくりかた」「ただし書き」を
アップしました。

(2月21日)


7月にレンタカーを借りた際に3か所の道の駅に立ち寄りました。
その時に買っていたきな粉。
気付くと賞味期限は11月。
まあきな粉は簡単にはくさらないだろうって最近になって食べています。
餅にてきなこ餅にしたり・・


(2月20日)


東急ハンズで保命酒を買った。
毎晩お猪口でちびちびやってます。
鞆の浦の名物、最近は県内すら旅してないな。

(2月19日)


第2部の演者をまとめてアップしました。
そして166話のリンクがなんかおかしかったみたいなので修正しました。もし見れなかった方がいましたたいへん失礼しました。
物語の舞台にも写真をプラスしてみました。

(2月14日)


スピンオフストーリー9アップしました。
あぶないあぶない、もう少しで1か月以上更新に時間かけるところだった。

(2月14日)


TUTAYAへ本とCDを売りに行った。
1500円くらいになった。
査定の間に買った保命酒くらい・・だな

(2月11日)


久しぶりに出演者を更新しました。
アップしないといけない登場人物が増えていくのに・・
スピンオフ9では4人は増えるなあ・・

(2月4日)


2部4章のあとがきと第2部のあとがきをアップしました。
和夢の連載ってのは長い旅をしているようです。
それは人生を豊かにしてくれる旅です。。

(1月31日)



一昨日背中に走った痛み。
ぎっくり背中。
仰向けに寝れない、寝返りを打つたびに目が覚める。
昨日の午後からようやく営業車の背もたれに背をつけれるようになった。
なかなかヘビーです!
1ページ仕上げるのに2日かかった。
スピンオフ9話は36か37ページのいつもの倍近い長さになりそうなのに。

(1月29日)


第2章では様々な犬をテーマにキャラクターを描いてきた。
第2章が完結、スピンオフで野良犬の路狗を描くことで犬編を締めくくろうとしていた矢先、
今まさにTV番組に流れているNHKのプロフェッショナルは「災害救助犬の訓練士」の方をテーマにしていた。東日本大震災でも活躍したってまさに今言っている。
東北を舞台に描いてきたのに・・・災害救助犬・・・そういえば警察犬もいるな。描き切れていなかったのだろうか。
そうだ!人狼開放隊の4人の子狼を出演者に登場させたけれど、名前がないことに今日気づいてどうしようって考えていた。
4人のネーミングに生かせないかな。
考えてみよう。
そうだ!いいタイミングで驚く!
はしり書きを描きながら生まれるものもあるんだナ。

(1月26日0時20分)


朝方目が覚めた。
彪女(あやめ)、桃太郎、夜叉丸のデザインを描き、ネームなしでそのまま下書き。この時間帯は作業が進む。(リズムは崩れるけれど)

(1月24日)


音楽は常に人生の傍に
ただ気になるのは最近の音楽はクオリティーの高さに反して聞いていて息苦しさを感じること。
音楽は時代をうつす鏡だと思う。
若いアーティストの鋭い感性は何を捉えているのだろう。

(1月22日)


年末に録りだめた映画がなかなか見終わらない。
録画残量を増やしたい、とはいえそれを義務っぽく感じるのはやだな。

(1月17日


お昼のローカル番組で題字を書いていただいた書家の翠蘭さんが出演されていた。そうだ、正月だから書初めってこと。
っということは今日の今頃同じ番組を見て題字をお願いすることを思い立ったわけだ。あれからもう1年かあ。

170話もアップしました!
(1月9日)


去年の今頃は年末に旅したスペインの旅行記をまとめている最中だったのに。その後はどこへもいけなかったな。

(1月8日)


年末の深夜映画はすべてを録画しているわけではなくて
なんとなく勘で選んでいる。
しかし今回は地元広島色の映画が多かった気がする。
「モヒカン故郷へ帰る」は広島が舞台、広島出身の矢沢永吉さんも(本人の登場はないが)バリバリの存在感を出していた。
「おっぱいバレー」の主役の綾瀬はるかは広島出身。
「恋の雫」(この間もつぶやいたけど)は広島の西条が舞台。
なんとなくうれしくなる。

(1月3日)


一月二日の朝の夢、初夢。
まさかの大きな大きな鷹の夢。
「雉だ!」の声で窓の外を見ると
そこには神々しく凛とした少しグレーがかった白色の大きな鷹。
意志を宿したような瞳。
存在感ばりばり。

後からデッサンしてみた。
部屋の中にちょっと飾っている。
第3章は翼編。良い出会いが待っていそうだ!

(1月2日)


あけましておめでとうございます
皆様にとってワンダフルな1年になりますように

(1月1日)


 戻る