スマホマンガ 和んだふるたい夢      >>> TOPへ
ききみみずきん

森で木に足を挟まれて困っているキツネを助けたおじいさん。
助けたキツネがついてこいと手招きするのでついていくとそこなキツネのお家。
お礼にと渡されたのが一枚の布。
ある日、その布を頭巾として被ってみると不思議な声が聞こえる。
それは動物たちの会話だ。
「川を渡るときにみんなが踏んでいる石、あれが実は黄金って誰も知らないんだよな」
確かめてみると確かに金があるではないですか。
「長者の娘さんが体調崩しているけれど、あればクスノキの根っこの上に蔵を立てたからなんだよな。」
そのことを長者さんに伝え、娘さんの病気は治りました。そして娘さんを自分の息子の嫁に迎えましたとさ。めでたし、めでたし。

動物の声が聞こえるという魔法のような道具、ききみみずきんのお話は各地に伝わり、いろいろなバージョンの物語があります。
そういえば子供の頃、ドリトル先生シリーズを読んでました。オウムから動物の言葉を教わったドリトル先生。うやらましかった。


 戻る  TOPへ