スマホマンガ 和んだふるたい夢      >>> TOPへ
 
 旅の備忘録

和んだふるたい夢 作成のためには旅はかかせません。
取材・・・というか、その場所から感じられる雰囲気や偶然発見するその地の名所や史跡などが旅から帰り時間をおくといつのまにか熟成されて物語の中に溶け込んでいく感覚です。
思わぬ形で姿を現す旅の記憶が和夢の燃料です。


2018年6月 京都 東山散歩
    
第3部の舞台、京都を感じるために(その2)

    
※旅の伴本:逸翁自叙伝

2018年5月 東京 深川散歩
    
でみせついでの散歩が
     描いている最中の第2部の聖地巡礼に繋がるとは
     
※旅の伴本:奥の細道(曽良旅日記含む)

2018年3月 宝塚・太陽の塔散歩
    
急に思い立って、気づけば大阪。
    手塚治虫と岡本太郎、二人の巨人の力を感じれたら

     ※旅の伴本:豊臣秀長

2018年1月 上海・蘇州ぶらり旅
    和夢には関係ないけれど旅にでてしまいました

    
1日目 上海散歩
    
2日目 蘇州(前編:ちょっと冒険気分)
    
 2日目 蘇州(後編:歴史保存地区)
     3日目 上海 豫園

     ※旅の伴本:地球の歩き方 上海

2017年12月 京都、嵐山・北の天満宮散歩
    第3部で描く予定の京都を一足先に散策(その1)

2017年10月 静岡・愛知の旅
    家康3つのお城と犬にまつわる神社巡り
    和夢の第2部は犬編。そこで犬にまつわる神社へ。
   
 
1日目 岡崎城
     1日目 浜松城
     1日目 霊犬神社
     2日目 伊奴神社、コミティア、弁天島
     3日目 清水港
     3日目 駿府城
(ちょっと不思議な話も)
     ※旅の伴本:南総里見八犬伝(下)


2017年7月 福島の旅
    第2部で描く予定の舞台の一つ、山津見神社を訪れ
     せっかくだからレンタカーで福島を駆け抜けました
     1日目 文知摺観音(もちづりかんのん)・普門院

    1日目 虎捕山津見神社・相馬の港
    
2日目 野口英世記念館・会津城
     2日目 会津美里
     3日目 白河の関
     ※旅の伴本:南総里見八犬伝(下)


2017年5月
 安土・山科ドライブ
      
(和夢の予習復習の旅)
     
第一部の舞台が安土に移る前に予習として
     レンタカーで滋賀を軽快にドライブ!
     ※旅の伴本:イベント戦略入門


2017年3月 久留米散歩
     
ブリジストンと東芝の創業者出身地。
     ブリジストン社長と織田信長の共通点とは?
     からくり人形から世界企業になった東芝!
     ※旅の伴本:ロゴをデザインするということ。
      成功と失敗から伝える君へのアドバイス


2016年11月 赤穂散歩
     第一部の裏テーマは仇討ち、日本三大仇討ちに
     して筆頭、忠臣蔵の地を散歩しました。
     ※旅の伴本:出雲のお国(上)

2015年11月 円空の足跡を訪ねる旅
       ~岐阜、飛騨高山の旅~

     円空さんは和夢の重要登場人物、その足跡を
     レンタカーで辿りました。
     1日目 岐阜羽島編(円空誕生地)
     1日目 関市(円空最後の地)
     1日目 洞戸編(ちょっと不思議.1)
     2日目 白川郷編
     2日目 千光寺編(ちょっと不思議.2)
     2日目 奥飛騨温泉と高山の夜編
     3日目 高山編
     3日目 美並村編
     
旅のあとがき(ちょっと不思議.3)
     ※旅の伴本:日本史の謎は地形で解ける

2015年7月 犬山、名古屋、瀬戸、大垣の旅
 
    犬山はもともとは第一部の舞台のつもりで
     訪れたのですが・・・
     結局第二部で登場。
 
    1日目 犬山編
    1日目 名古屋編
    2日目 瀬戸焼の里編
    3日目 水の郷 大垣編
    ※旅の伴本:信長公記



TOPへ