スマホマンガ 和んだふるたい夢      >>> TOPへ
 旅のメイン画像
 旅の備忘録

時折旅に出かけてはその地に影響を受けてマンガに描いています。
実際に歩くことで感じる雰囲気や名所や史跡。
広島に戻り、しばらくすると熟成されて物語の中に溶け込んでいくのです。

思わぬ形で姿を現す旅の記憶は和夢の燃料です。


旅術   
2019年10月 愛知 常滑(とこなめ)散歩
     
一眼レフの練習を兼ねての焼き物の里、ブラリ散歩。

2019年7月 秩父散歩 秩父神社と三峰神社
     
和夢第2章、犬編狼にまつわる神社に導かれるように訪れました

2019年4・5月 10連休 山形・新潟の旅
     
和夢第2章から登場する奥の細道の舞台もたくさん訪れました。
   1日目 米沢(上杉鷹山公)
   2日目(午前) 米沢サイクリング(前田慶次)
   2日目(午後) 山形サイクリング(最上義光)
   3日目 山形ドライブ~山寺・尾花沢・酒田~(奥の細道)
   4日目 出羽三山(ちょっと鶴岡)
   5日目 象潟(秋田県)へドライブ~酒田と鶴岡も~
   6日目 出雲崎と長岡(奥の細道、河合継之助)
   7日目 新潟サイクリング
   8日目 佐渡ドライブ(金山)
   9日目 佐渡ドライブ(配流の地、トキ)
   10日目 直江津(上杉謙信の城)


2019年4月 福井、橋本左内の旅
     
永平寺など、奥の細道の足跡も訪ねました。
   1 北ノ庄城跡と福井城跡
   2 橋本左内と幕末、福井県
   3 永平寺と芭蕉の即席
    ※旅の伴本:橋本左内 幕末の先覚者

2018年9月 金鶏山・金華山の旅(岩手・宮城県)
     
第2部の舞台、平泉や松島など芭蕉の足跡を追いました
   1 平泉 中尊寺金色堂
   2 義経、奥州藤原氏の欠片
   3 金華山と月浦(つきのうら)
   4 石巻
   5 日本三景「松島」
   6 多賀城跡と仙台城
    ※旅の伴本:史伝 伊達政宗

2108年6月 京都 東山散歩
     第3部の舞台、京都を感じるために(その2)
    ※旅の伴本:逸翁自叙伝

2018年5月 東京 深川散歩 
     「でみせ」のついでの散歩が描いている最中の第2部の聖地巡礼     に繋がってしまうとは・・・
    ※旅の伴本:奥の細道(曽良旅日記含む)

2018年3月 宝塚・太陽の塔散歩
     急に思い立って気づけば大阪
     手塚治虫と岡本太郎、二人の巨人にパワーをもらいました
    ※旅の伴本:豊臣秀長

2018年1月 上海・蘇州ぶらり旅
     和夢には関係ないけれど旅に出てしまいました
   1日目 上海散歩
   2日目 蘇州(前編:ちょっと冒険気分)
   2日目 蘇州(後編:歴史保存地区)
   3日目 上海 豫園
    ※旅の伴本:地球の歩き方 上海

2017年12月 京都、嵐山・北野天満宮散歩
     第3部で描く予定の京都を一足先に散策(その1)

2017年10月 静岡・愛知の旅
     家康3つのお城と犬にまつわる神社巡り
     和夢の第2部は犬編。そこで犬にまつわる神社へ
   1日目 岡崎城
   1日目 浜松城
   1日目 霊犬神社
   2日目 伊奴(いぬ)神社、コミティア、弁天島
   3日目 清水港
   3日目 駿府城(ちょっと不思議なお話も)
    ※旅の伴本:南総里見八犬伝(下)

2017年7月 福島の旅
     第2部で描く予定の舞台の一つ、山津見神社を訪れせっかく
     だからレンタカーで福島を駆け抜けました
     奥の細道の舞台も訪れました
   1日目 文知摺観音(もちづりかんのん)・普門院
   1日目 虎捕山津見神社・相馬の港
   2日目 野口英世記念館・会津城
   2日目 会津美里
   3日目 白河の関
    ※旅の伴本:南総里見八犬伝(下)

2017年5月 安土・山科ドライブ(和夢の予習復習の旅)
     第1部の舞台が安土に移る前に予習としてレンタカーで
     滋賀県を軽快にドライブ!
    ※旅の伴本:イベント戦略入門

2017年3月 久留米散歩
     ブリジストンと東芝の創業者の出身地
     ブリジストン社長と織田信長の共通点とは?
     からくり人形から世界企業になった東芝!
    ※旅の伴本:ロゴをデザインするということ
         成功と失敗から伝える君へのアドバイス

2016年11月 赤穂散歩
     第1章の裏テーマは仇討ち、日本三大仇討ちの一つ忠臣蔵の地を
     散歩しました。
    ※旅の伴本:出雲のお国(上)

2015年11月 円空の足跡を訪ねる旅~岐阜・飛騨高山の旅~
     円空さんは和夢の重要登場人物、その足跡をレンタカーで
     巡りました
   1日目 岐阜羽島(円空誕生地)
   1日目 関市(円空最後の地)
   1日目 洞戸(ちょっと不思議.1)
   2日目 白川郷
   2日目 千光寺(ちょっと不思議.2)
   2日目 奥飛騨温泉と高山の夜
   3日目 高山
   3日目 美並村
   旅のあとがき(ちょっと不思議.3)
    ※旅の伴本:日本史の謎は地形で解ける

2015年7月 犬山・名古屋・瀬戸・大垣の旅
     犬山はもともとは第1部の舞台のつもりで訪れたのですが…
     そして何気に訪れた大垣には奥の細道の結びの地という
     記念館がありました(和夢にとっても大きな影響受けました)
   1日目 犬山
   1日目 名古屋
   2日目 瀬戸焼の里
   3日目 水の郷 大垣
    ※旅の伴本:信長公記


TOPへ
和夢